エンドユーザーライセンス契約

​​​​エンドユーザーライセンス契約

(AMD Radeon™ソフトウェアおよびAMD CATALYST™​)

​​

重要事項-注意してお読みください。 以下の利用条件を慎重にお読みになり、同意しない限り、同梱のソフトウェア、文書(下記に定義)またはその一部分(まとめて「ソフトウェア」と呼ぶ)をインストール、コピーまたは使用しないでください。 これはお客様(個人または団体)(まとめて「あなた」および「あなたの」と呼ぶ)およびADVANCED MICRO DEVICES, INC.(「AMD」)との間の法的契約(「契約」)です。

この契約書の条件に同意しない限り、このソフトウェアをインストール、コピーまたは使用しないでください。 ソフトウェアをインストール、コピーまたは使用することにより、この契約書のすべての利用規定に同意することになります。

1. 定義

  1. 「文書」とは、ソフトウェアに関連、付属、または提供されているインストールスクリプトおよびオンラインまたは電子文書、あるいはその一部のことを意味します。
  2. 「知的所有権」とは、すべての著作権、商標、商業上の秘密、特許、マスクワークおよびすべての関連する、類似する、または世界中のあらゆる管轄権において認められている、その他の知的所有権のことを意味し、これにはすべてのアプリケーションおよび登録が含まれています。
​​

2. ライセンス

この契約書の条項に従い、AMD はこのソフトウェアを、必要に応じて AMD プロセッサを含む、または包含するシステムまたはコンポーネントに対してのみ使用する場合、非独占的、使用料なし、取り消し可能、譲渡不可、限定的な著作権ライセンスを許諾します。​

3. 制限

ここにあるセクション 2 に明示的に許可されている限定ライセンス以外、お客様は明示、暗示、禁反言にかかわらず、その他の権利を有しません。 ソフトウェアの使用に関する制限の詳細は、下記にあります。 お客様は以下のことを行うことができません。

  1. ソフトウェアを修正あるいは派生する作品を作成する
  2. ソフトウェアを配布、発行、展示、サブライセンス化、割り当てまたはその他の方法で譲渡する
  3. 逆コンパイル、リバースエンジニアリング、逆アセンブルまたは人間が判読可能な形でソフトウェアを変更すること(該当する法律で許可されている以外)
  4. ソフトウェアの著作権、商標または特許通知を変更または削除する、または
  5. ソフトウェアを使用して: (i) 機密情報から直接派生した内容で特許保護のために発明をする、(ii) お客様の特許および特許申請の分析の補佐をする、または(iii) 既存の特許を修正する。

4. フィードバック

ソフトウェアに関連して、AMD に提案、コメントまたはその他のフィードバック(「フィードバック」)を行う義務はありません。 しかしながら、AMD はお客様からいただいたフィードバックをソフトウェアまたはその他の AMD 製品、ソフトウェアまたは技術を改善するために使用/内容を組み込むことがあります。 それに応じて、お客様が AMD に提供したフィードバックに対して、お客様は AMD および全世界の関連会社および子会社に対して、非独占的、取り消し可能、使用料なしの恒久ライセンスを許可し、ソフトウェアまたはその他の AMD 製品、ソフトウェアおよび技術に対して、フィードバックを直接または間接的に使用、再生、使用許諾、サブライセンスを許諾、配布、作成、作成した、販売およびその他の方法で商品化することを許可します。 さらに (a) 第三者の知的所有権に属することが分かっているフィードバック (b) このフィードバックを包含する、またはフィードバックから派生する製品またはその他の AMD 知的所有権をライセンス化する、あるいはその他の方法で第三者と共有化することを必要とするライセンス条件に従う場合、フィードバックを提供しないことに同意します。

5. ソフトウェアの所有および著作権

すべての知的所有権を含むソフトウェアは、AMD およびその許可者が独占的に所有するもので、お客様はこの契約書に明示的に示されている内容以外には、権原、所有権および利害がありません。 お客様は、ソフトウェアの不正な複製を防止することに同意します。 ソフトウェアおよびソフトウェアへのすべての権原、すべてのコピー(全体、一部またはあらゆる形式)、そしてすべての権利および知的所有権は、AMD が既得権を持ちます。 セクション 2 に明示的に示されていない限りAMD は AMD の特許、著作権、商標または機密情報に関して、お客様に対して明確あるいは暗示されている権利を許可しません。

6. 保証否認

ソフトウェアは「現状のまま」で提供され、どのような種類の保証も行われません。 AMD は、特定の目的のための市場性および適合性、権原、法の運用、ソフトウェアが中断することなくまたはエラーが発生することなく稼働する、取引の慣習または使用過程から生じる、暗黙の保証を含め、明確または暗示されている、あるいは法令であるかに関係なく、すべての保証を放棄します。 このソフトウェアの使用に関連する全責任は、お客様にあります。 地域によっては、暗黙の保証の除外を許可していないため、上記の除外はお客様には適用されない場合があります。

7. 責任制限および補償

AMD および AMD のライセンサーは、いかなる状況においても、AMD または AMD の認定者がこのような損害が発生する可能性について知らされていた場合であっても、懲罰的、直接、偶発、間接、特別または結果として生じた損失の責任を負いません。 お客様の損害、損失、および訴訟費用に対する AMD の補償 (契約によるもの、不正行為 (不注意を含みます)、その他) は $100 USD おを超えないものとします。 お客様は、AMD およびそのライセンサー、取締役、役員、従業員、関連会社または代理店に対して、ソフトウェアをお使いになったことあるいはこの契約の利用規定に違反したことにより生じたすべての損失、損害、債務およびその他の費用(適切な弁護士の費用を含む)を補償、免責することに同意します。

8. 輸出制限

お客様はアメリカ合衆国輸出管理規制(「EAR」)、(15 C.F.R. セクション 730 ~ 774)、および E.U. 委員会規制 (EC) No. 428/2009、2009 年 5 月 5 日を含むがそれに限定されていない、該当するすべてのアメリカ、ヨーロッパおよびその他の輸出法令に従います。さらに、EAR のセクション 740.6 に従い、アメリカ合衆国商務省、産業安全保障局によりライセンスが許可された場合あるいは EAR のライセンス例外に従い許可されていない限り、(1) AMD から受け取った任意の制約を受けた技術、ソフトウェアまたはソースコードを国グループ D:1、E:1 または E:2 の国民に輸出、再輸出またはリリースしない、または (2) その外国で製造された直接製品が、商業コントロールリスト(現在 EAR のパート 774、補足 1)にある国家安全管理を受ける技術またはソフトウェアの直接製品である場合、国グループ D:1、E:1 または E:2 に輸出しないことを認証します。 多くの現行の国グループリスト、あるいは EAR に関する詳細、またはこれらの規制におけるお客様の義務については、アメリカ合衆国産業安全保障ウェブサイト http://www.bis.doc.gov/​をご覧ください。

9. アメリカ合衆国政府の限定的利用権

このソフトウェアには「限定的利用権」が適用されます。 政府による使用、複製または開示は、FAR 52.227-14 および DFAR252.227-7013(以下参照)またはその後続する制限により制約を受けます。 政府によるソフトウェアの使用は、ソフトウェアが有する AMD の所有権を認識することになります。

10. ライセンスの終了

この契約書は (1) この契約書の条項に従わない、または (2) お客様がこの契約書を終了したいという通知を AMD に提供した場合、AMD または裁判所から事前通知なく直ちに終了します。 この契約が終了した場合、このソフトウェアのすべてのコピーを削除または破壊する必要があります。 この契約が終了または期限切れになった時点で、セクション 2 以外のすべての条項が残存します。

11. 準拠法

この契約書は低触法を除いて、カリフォルニア州の法律の下で管理され、解釈されるものとします。 各当事者は、本契約に関して、サンタクララ郡およびカリフォルニア北地区の州および連邦裁判所の管轄権に従います。 この契約に違反した場合、修正不可能な損害が生じることを認識し、AMD が本契約のもとにおける差し止め命令を受ける権利があり、管轄裁判所がこのような差し止め命令をさらに許諾することがあることを認識しています。

12. 一般条項

AMD から事前に書面による許可を受けていない限り、この契約を譲渡することはできません。そして承諾なしで譲渡した場合無効となります。 当事者たちは、この契約により代理店またはパートナーシップ関係が構築されることを意図していません。 この契約書の各条項は、該当する法律のもとで、有効な方法で解釈されます。 しかしながら、この契約書の任意の条項が管轄裁判所により強制不可能になった、あるいは強制不可能と宣言された場合、その条項は削除されたものとなりますが、この契約の残存部分は完全に有効です。

13. 全体の合意

この契約書はソフトウェアに関して、当事者間の合意および理解をすべて示すものとし、この契約書の題目に関して、それ以前に存在するすべての口頭および書面による契約、話し合いおよび理解に優先し、統合されます。 この契約書の条項が権利放棄または修正された場合、それが書面となり、各当事者の正式な代表が署名しない限り、拘束力がありません。

​​​

AMD が皆様のグラフィックス経験を向上させるために、AMD は AMD グラフィックス製品のモデル、デバイス id およびその他のシステム情報など、非個人的な情報を収集する場合があります。p>

この契約書の利用規定に従うことに同意する場合、「承諾」を押してください。 この契約書の利用規定に従うことに同意されない場合は「拒否」を押してください。このソフトウェアをお使いになることはできません。

脚注