AMD Ryzen Masterユーティリティに関するよくある質問

Article Number: GPU-775

​​ 

  1. オーバークロックとは何ですか?
  2. Ryzen CPUのオーバークロックを始める前に何を考慮するべきですか?
  3. 安全に動作するしきい値を超えて、AMD Ryzen CPUをオーバークロックするとどうなりますか?
  4. AMD Ryzen Masterユーティリティでは、Ryzen以外のCPUをサポートしますか?
  5. AMD Ryzen CPUの安全なオーバークロックについて、詳細はどこで確認できますか?
  6. 使用しているRyzen CPUの仕様はどこで参照できますか?

 

1. オーバークロックとは何ですか?

どのような方法で(AMD Ryzen Masterユーティリティの使用を含む)手動によるCPUのオーバークロックを行う場合も、プロセッサーに損傷を与え、保証が無効になる可能性があることにご注意ください1

オーバークロック1 は、システムコンポーネント(この場合はCPU)を調整し、公開された仕様よりも速く実行することで、システム性能を向上させるプロセスです。これは、CPUのクロックレートを高め、毎秒の実行処理量を増やすことで実現されます。

2. AMD Ryzen CPUのオーバークロックを始める前に何を考慮するべきですか?

X370、B350、X300のいずれかのチップセットを基盤としたマザーボードを使用する高度なユーザー向けに、AMDでは AMD Ryzen Masterユーティリティ を提供しています。これにより、ユーザーはCPUのクロック周波数とコア電圧を手動で設定および調整できるので、より正確な制御が可能になります。

AMD Ryzen Master ユーティリティのユーザーガイド』では、オーバークロックに関する情報と、ユーティリティの使用手順について説明しています。

手動でオーバークロックする場合は、少しずつオーバーロックを行い、調整を行うたびに安定性をテストすることが推奨されます。安定性は、システムを通常どおり数時間使用することでテストできます。とりわけ、調整の程度、マザーボード、温度調節によって、システムが不安定になることがあります(クラッシュやハングが発生する可能性があります)。この場合、安定していた以前の状態にオーバークロックの設定を戻す必要があります。

3. 指定された動作しきい値を超えて、AMD Ryzen CPUをオーバークロックするとどうなりますか?

オーバークロックを行ったコンポーネントでは、エネルギー消費量が多くなり、より多くの熱が発生することにご注意ください(冷却機能の追加またはアップグレードが必要になります)。また、プロセッサーおよび特定の他のシステムコンポーネントの平均寿命が短くなる可能性があります。さらに、とりわけ、指定された動作しきい値を超えてコンポーネントをオーバークロックすると、CPUまたは他のシステムコンポーネントの過熱により、システムのクラッシュまたはハングが発生することがあります。システムのクラッシュまたはハングが発生した結果、データが消失することがあります。仕様を超えてCPUを動作させると、製品の保証も無効になります。

4. AMD Ryzen Masterユーティリティでは、Ryzen以外のCPUをサポートしますか?

いいえ。AMD Ryzen Masterユーティリティでは、X370、B350、X300のいずれかのチップセットを使用するAM4ソケット搭載マザーボード上のRyzen CPUのみをサポートしています。ロックされていないAM3/AM3+およびFM2/FM2+のソケットと互換のあるCPUをご使用の場合は、代わりに AMD OverDriveユーティリティをご利用になれます。

5. AMD Ryzen CPUの安全なオーバークロックについて、詳細はどこで確認できますか?

The 『AMD Ryzen Masterユーティリティのユーザーガイド』 では、オーバークロックアプリケーションの使用手順について詳しく説明しています。

6. 使用しているRyzen CPUの仕様はどこで参照できますか?

Ryzen CPUの仕様は、 AMD製品リソースセンターから参照できます。

脚注:

  1. チップセット、CPU、APU、GPUを含むAMDプロセッサー(総称として、および個別に以下「AMDプロセッサー」)は、関連付けられた仕様および出荷時設定の範囲内でのみ動作するように設計されています。公式のAMD仕様または出荷時設定の範囲外でAMDプロセッサーを動作させた場合(Ryzen Masterオーバークロックソフトウェアを使用したオーバークロックの実施を含みますが、これに限定されません)、プロセッサーの損傷を招いたり、プロセッサーまたは付属のセキュリティー機能の動作に影響を及ぼしたり、他の問題を招いたりする恐れがあります。他の問題には、システムコンポーネント(マザーボードおよび搭載コンポーネント(メモリーなど)を含む)の損傷、システムの不安定化(データ損失やイメージの破損など)、システム性能の低下、プロセッサーやシステムコンポーネントおよび/またはシステムの寿命の短縮、最悪の場合はシステム全体の障害が含まれますが、これらに限定されません。ツールを使用する前に重要なデータを保存することが推奨されます。AMDでは、公式のAMD仕様または出荷時設定の範囲外でAMDプロセッサーを使用したことに関連する問題または損傷に対して、サポートまたはサービスを提供しません。また、マザーボードまたはシステムの製造元によるサポートまたはサービスを受けられなくなる場合もあります。このオーバークロックソフトウェアを使用する前に、重要なデータを必ずすべて保存してください。

脚注